ダンプのお仕事ってどんなの?資格は?

ダンプカーってどんな仕事・現場で使われているの?

運送業と言っても様々な職種があります。今まで知らなかった仕事を知ることで、転職の選択肢が増える事も!
ダンプカーを使った仕事や現場は様々あり、まずはどんな仕事や求人があるのか説明致します。
ダンプカードライバーの仕事の代表として、建設現場に砂利や土砂等の荷物を搬入したり、砂利生産工場からコンクリートやアスファルト等の資材を生産する工場へと搬入を行ったりするお仕事が多いです。

建築現場や工場等に搬入するダンプカードライバーのお仕事は一般貨物を運ぶトラックドライバーとは違い、荷物の手積みや積み下ろし作業はありません。
積み下ろし作業が無く力仕事はほとんどないので人気の職種と言えます。

ダンプカードライバーが運転する3つの荷物パターン

荷物を積んだ後、建設現場・工事現場に荷物を運送します。
各地の建設現場や工事現場への運搬する場合は、近距離・長距離のどちらも想定されます。

生産工場から生産工場へと決まったルートで配送するパターンもあり、ルート配送と似たような運転形態でお仕事を進められます。

最後に工場内だけの運搬作業を行うパターンです。
工場内だけの配送ですので、決まった時間内でお仕事を進められますので、こちらも人気の運転パターンです。

どんな資格が必要?

人気の職種、ダンプカードライバーになるためにはどのような資格が必要なのかご説明していきます。

まず、必要なのは普通自動車免許は最低限必要となります。普通自動車免許で運転できる車両総重量は5tまでとなっており、最大積載量は3t未満です。
普通自動車免許の他に必要なのが中型免許になります。中型免許は車両総重量が11t未満までとなっており、最大積載量は6.5t未満です。
さらに積載量の大きな車両を運転するのに必要になるのが大型免許です。大型免許では車両総重量が11t以上であり、最大積載量が6.5t以上の場合は、必要となります。

ダンプカードライバーとして働くには、多くの場合で大型免許を持っていることが必須条件となっている企業様が多いです。働きながら資格取得支援制度を受けられる企業様も多数ございます。
まずは一度運送plusworkで新規求人を探してみませんか?

資格を活かせるお仕事です!

ダンプカーのドライバーのお仕事は、資格を存分に発揮できるお仕事です!
運ぶモノや場所によって仕事内容が大きく代わりますので、あなたに合う仕事をぜひ運送plusworkで探してみましょう!

勤務地

職種

雇用形態

給与

こだわり

待遇・福利厚生

運ぶもの